風水インテリアの基本

【寝室の風水の基本】覚えておきたいルールと方位別おすすめ風水インテリア

この記事では、寝室の運氣をアップさせる風水インテリアについて説明しています。

寝室は、金運や仕事運、家庭運など、その人の全体運を左右する大切な場所。

風水では、『人は寝ている間にその日の厄を落とし良い氣を吸収する』と考えられているため、寝室をとても重要視しています。

なので運氣を上げたい人は『寝られればいい』と安易に考えず、寝ている間にしっかり運を吸収できるよう、風水インテリアで運氣を上げていきましょう。

寝室の基本ルール

寝室は火や水を使わないのでどの方位でも凶にはなりません。

ですが、どの方位の部屋を寝室にし、どこでどの向きで寝るのかはとても重要です。

また、寝室で使う家具や小物にも運氣を上げる置き方があります。

寝室の模様替えを考えてる方はぜひ参考にしてください。

寝室に使う部屋の決め方

風水では、寝室の方位は年齢や立場、願望に応じて決めるのが良いとされています。

自分がどの方位の部屋を寝室にすればいいのか分からない方は、ぜひ下の表を参考にしてください。

寝室の方位 向いている人
どんな人にも良い方位。北の寝室は愛情と信頼のパワーがあるので子どもが欲しい夫婦には最適です。
東北 年配者や子ども(特に長男)に向く方位。部屋が正方形だとなお良しです。
子どもや若い人にベストな方位。東の寝室は仕事運や事業運のパワーがあるので仕事をバリバリこなしたい人や独立を考えてる人にもおすすめです。
東南 どんな人にも良い方位ですが、特に結婚を望む未婚の女性におすすめの方位。良縁に早く恵まれます。
美術や文学、音楽など芸術的な仕事をしている人に向く方位。南の寝室は直感やひらめきのパワーがあるので、宝くじや懸賞に力を入れている人にもおすすめです。
南西 親子や30歳以降の夫婦に向く方位。穏やかな家庭を築くことができます。
西 40歳以降の夫婦に良い方位。金運のパワーがあるので商売をしている人にもおすすめです。
北西 高齢者に良い方位。北西の寝室には事業運、出世運、スポンサー運のパワーがあるので、仕事で成功したい人(特に男性)にもおすすめです。

ベットや布団、枕の位置の決め方

寝ている間に良い運氣を吸収するには、ベットや布団、枕の位置も重要です。

部屋が狭かったり、ワンルームだと難しいかもしれませんが、風水ではベットや布団はその部屋のラッキーゾーン上(できれば部屋の中央)に置くのが良いとされています。

ベットは大きいものほど運氣が宿るので、これから買うのであればシングルの人でもセミダブルがおすすめ。

布団は部屋の広さに関係なくシングルが基本なので、2人で寝る場合はシングルを2組部屋の中央に敷くようにするといいですよ。

枕の位置については、下の表を参考にしてください。

ベットと同様に、枕も大きい方が運氣アップに効果的です。

枕の位置 向いてる人と得られる運氣
北向き 頭を使う仕事をしている人や経営者に良い方位。安眠、金運に良い作用があるので、熟睡したい人や資金不足の人にもおすすめ。人間関係にも良い作用があります。
東向き 若い人や営業マン、独立したい人に良い方位。やる気や活力が得られるので、朝早くおきたい人にもおすすめです。
南向き センスが必要とされる仕事をしている人に良い方位。直観力やひらめきが得られるので、音楽関係やマスコミ、芸能関係の仕事に就きたい人にもおすすめです。
西向き 金融業や飲食業、年配者に良い方位。ぐっすり眠れる作用があるので、不眠症気味の人にもおすすめです。

寝室の家具や小物の置き方

寝室にタンスやクローゼットなどの収納家具、ドレッサーを置く場合、風水では昇ってくる太陽の光が当たるよう、北側の壁につけて南向きにするか、西側の壁につけて東向きにするのが基本です。

ただし、ドレッサーを置くときには注意が必要です。

北側か西側の壁につけて置いても、鏡に寝姿が映ったり、ドアを開けた時に真正面になったりするのはNG。

鏡に寝姿が映ると睡眠中に蓄えた自分の運がなくなってしまいますし、ドアの真正面に鏡があると入ってきた良い運を跳ね返してしまいます。

どうしてもその場所にしか置けない場合は、普段はカバーをかけておいて、使う時にだけ外すようにしてください。

あと、目覚まし時計やテレビなど、音の出るものは寝室の東側に。

観葉植物は飾る方位によって運氣が変わってくるので、下の表を参考にしてください。

飾る方位 得られる運氣 おすすめの観葉植物
子宝、貯蓄 ゴムの木やユッカなど幹が太くて背が高いもの
東北 変化、不動産 榊や榊に似ている植物、ガジュマルやベンジャミン、赤い実がなるもの
健康、情報 アンスリウムやコリウス、ポインセチア、小ぶりでコンパクトなもの
恋愛、人間関係 ポトスやオリヅルランなど、葉が垂れ下がって風になびくような形のもの
才能、タイミング ゴールドクレスト、サンセベリアなど背の高い植物を一対
南西 家庭、不動産 素焼きの鉢に入ったピレアやペペロミアなどのミニグリーンを複数個
西 恋愛、金運 アジアンタムやタマシダなど横に葉を広げて伸びていくものや黄色い実がなるもの
北西 出世、神仏の加護 葉が楕円形をしたポトスやゴムの木、ベンジャミンなど全体の形が丸くてこんもりとしたもの

注:表にある『おすすめの観葉植物』はあくまでも『おすすめ』であって、『絶対にこれじゃないといけない』というものではありません。

カーテンとベットカバー

カーテンは寝室の運氣を左右するアイテムなので、必ずレースと布の二重カーテンにしてください。

色や柄は寝室の方位に合わせるのが基本ですが、窓が二面以上ある場合は一番大きい窓のある方位と合わせるといいですよ。

また、カーテンとベットカバーをコーディネートする時は、寝室の陰陽のバランスがとれるよう、どちらかが無地ならもう一方は柄物にしてください。

ベットカバーは寝室の方位別に合わせて選ぶのが良いですが、シーツはどの方位でも白がベージュが基本です。

方位別 寝室の風水インテリア

寝室はどの方位でも凶ではない分、インテリアによって運氣が左右されやすい場所。

自分の寝室がどの方位なのかわかったら、こまめに掃除をして、ぜひ方位にあった風水インテリアで運氣をアップさせてくださいね。

北の寝室

北の寝室のインテリアは、できるだけ暖かい雰囲気になるようにまとめるのがポイントです。

ベットはナチュラルな木製のもので、ベットの高さは高めのものがおすすめ。

カーテンはピンクやオレンジ、ワインレッドなどの色が入った派手めのものが風水的にはいいですが、派手な色に抵抗がある人はベージュ系にするといいですよ。

ベットカバーはピンクやオレンジ、赤が入った柄物か南欧風のものがおすすめ。

寝室にカーペットを敷くなら、グレーやベージュ、モスグリーン系など、落ち着いた色を選ぶようにしてください。

東北(鬼門)の寝室

東北(鬼門)の寝室のインテリアは、清潔感があり、できるだけ掃除がしやすいようにするのがポイントです。

ベットは白木肌や白いラッカー塗りのもので、ベットボードは直線、ベットの高さは高めのものがおすすめ。

カーテンやベットカバーは白か生成りのものがいいですが、白ベースのストライプやチェック柄もいいですよ。

カーテンかベットカバーのどちらかを黄色と白のチェック柄にすると、不動産運に効果大です。

東の寝室

東の寝室のインテリアは、あまり派手にしないようにするのがポイントです。

ベットはシンプルなデザインのもので、ベットボードやベットの高さは共に低めのものがおすすめ。

カーテンは東と相性の良い、白、赤、ピンク、ブルーなどの明るい色のものを。

ベットカバーはカーテンとのコンビネーションにさえ気をつければ、無地、花柄、ストライプなど、色調も自由にしてOKです。

寝室に朝日が入らない場合は、太陽の絵を東側の壁に飾るといいですよ。

東南の寝室

東南の寝室のインテリアは、淡い暖色系で爽やかにまとめるのがポイントです。

ベットはシンプルなムク材のものやカントリー調のものがおすすめ。

カーテンは東南と相性の良いピンクやオレンジ、グリーンなどの淡い色調のものを。

ベットカバーは花柄を中心に、色調は暖色系でも寒色系でもよいですが、モノトーンはNG!

枕は出来るだけ大きなものを使い、枕元に赤とオレンジの花を飾るか、観葉植物を置いておくと仕事運に効果大です。

南の寝室

南の寝室のインテリアは、寒色系でさわやかにまとめるのがポイントです。

ベットは白いカラーや光沢のあるもの、真ちゅう製のものもおすすめ。

南は日差しが強い方位なので、変色しやすい素材や黄ばみやすい素材は避けた方がいいですよ。

カーテンはグリーンやブルーなどの寒色系がいいですが、白やベージュのブラインドでもOK。

ベットカバーはグリーンや生成りのものか、赤が少量入った柄物もおすすめです。

南西(裏鬼門)の寝室

南西(裏鬼門)の寝室のインテリアは、できるだけ落ち着いた雰囲気にするのがポイントです。

ベットは低めで落ち着いた茶系のものや、曲線のきれいな木質系のものがおすすめ。

カーテンは落ち着いたグリーン系、または山吹色や赤い模様が入ったものを。

ベットカバーは黄色やグリーン、暖色系のものを、積極性が足りない人はラベンダー色にするといいですよ。

南西は大地や木々の色合いと相性が良いので、カーペットを敷くなら大地の色や芝生の色がおすすめです。

西の寝室

西の寝室のインテリアは、木質の落ち着いたものを選ぶのがポイントです。

ベットは重厚感のあるムク材のものが良いですが、若い人なら真ちゅう製やステンレス製のピカピカ光ったものがおすすめ。

カーテンの色は、黄色や茶色、ベージュがベストですが、寝室が10畳以上あるなら鮮やかな色でもOK。

ベットカバーはベージュや茶系が良いですが、部屋の雰囲気に合うなら黄色やピンク、花柄、フルーツ柄、ゴールド系が入ってるゴージャスなものなどもおすすめです。

北西の寝室

北西の寝室のインテリアは、できるだけ格調高くなるようにまとめるのがポイントです。

ベットはどっしりとした大きめの木製のもので、彫刻が施されたダーク調のものがおすすめ。

枕もできるだけ大きめの方が良いですよ。

カーテンはベージュやグリーン、オレンジ色のものが良いですが、ストライプ柄やビロードなど重厚感のあるものも吉。

ベットカバーは白やベージュ、グリーン、クリーム系で全体的に柔らかい感じの色調のものがおすすめです。

まとめ

風水は別名『寝床学』。

寝室は寝ている間に運を鍛え厄を出してくれる場所なので、寝室に置く家具や小物も運氣アップには大切なアイテムです。

自分の寝室がどの方位なのか確認したら、運氣の良くなる寝室になるよう、できることから実行していってくださいね。